審査前の確認事項

クレジットカードの審査を受ける

消費者金融、銀行問わずクレジットカードの申し込みを行った際には、必ず審査を受ける必要があります。
審査ではクレジットカードの利用者として相応しい人間であるのかのチェックを行います。
内容は数段階あり、まず本人の履歴のチェックが行われます。
過去に大きな借金歴が存在しないか、過去に長期間の滞納歴がないかなど、本人の支払の履歴を確認していきます。
普通に暮らしていれば、ここで心配することはありませんが、もし過去に何かあった場合は通過できない場合があります。
そうなった場合は時間を空けてから再度申し込みをしましょう。
本人の履歴のチェックが終わったら、本人の確認作業に移ります。
勤務先や自宅に電話をかけ、本人が在籍しているかの確認を行います。
在籍確認の電話の最中は本人がその場にいる必要はありません。
第三者が対応するだけで確認は終わります。
確認にかかる時間は5分程度で、クレジットカードの利用について喋ることはありません。
これが通過できれば審査は終了となります。

クレジットカード審査前の確認事項

クレジットカード審査に挑む前に業者のサービス内容の把握を行う事は必要であり、生活スタイルによって有利になるカードは違ってきます。
クレジットカードは利用する事で還元がありますが、この還元率の高さを基準にカード選択するという方も多く、高還元率でも確認したいポイントとしては、高還元率設定で使う為には年間にいくら使う必要があるのか、ポイント還元されたポイントは有効期限があるのか等の点です。
いくら還元率が高くても有効期限が短かったり、大きな金額を使わないと高還元設定が適用されないという仕組みもありますし、還元率のみに着目せずにカードのサービス内容は審査前にチェックする事が望ましいです。
他にもカードに付いたサービスとして、ガソリン代が割引になるものや、空港での利用で有利になるもの、保険の充実等の付帯サービスも確認する項目であり、生活スタイルによってはこれらが有効か有効ではないかが変わりますから、あくまでどのように普段カードを使うかを把握した上で有利なカードを選択すると、納得出来る使い方が出来ます。

Favorite

中学受験 滋賀

2019/1/29 更新