カード決済の利点と注意

クレジットカード決済の利点と注意点

最近はクレジットカード決済に対応しているお店が多くなってきています。
クレジットで支払うといくつか利点があります。
一つ目が現金を持ち歩く必要がなくなるので、銀行からお金を引き出す事が少なくなる事です。
二つ目がほとんどのカード会社では、利用額に応じてポイントを付与しており、上手く使うとかなりお得になります。
カード会社によってはポイント二倍とかもあります。
三つ目に特定の商品の割引がある時があります。
ガソリンスタンド系のカードだとガソリン代や車両整備代が、コンビニエンスストア系のカードだと特定の商品が安くなったりします。
このように上手く使うとかなり割安で商品を購入する事が可能になります。
しかし、カード会社支払いにすると手元にある現金が減らないためお金を使った実感が非常にわきにくく、ついついたくさん使う危険性がかなり高くなります。
支払いを分割やリボルビングにすると金利もかかって来るので注意が必要です。

はまると怖いクレジットカード決済

現金の持ち合わせがないとき、とても便利です。
クレジットカードでショッピングを楽しんだり、ポイント制度や各種の特典などサービスの向上もあり、カード決済の機会が増えているのではないでしょうか?クレジットカードのメリットは、手持ちの現金を気にせず購入できる点、分割で支払える点、ポイントなどの還元がある点、と言えます。
ですが、よく錯覚しがちなのが、カード決済しても現金が動くわけではないので、一見現金が減っていないように思えます。
ここに落とし穴があるのです。
カードで支払うということは、決済を先延ばしにしているだけであり、必ずその請求が手元に来ます。
お金に余裕がない場合、カードの清算だけで使い果たしてしまい、現金がないためにさらにカードを使ってしまうという悪循環を生みかねません。
また、この悪循環に一旦はまってしまうと、収入が大幅にアップしない限り抜け出すことが難しいのです。
クレジットカードを使う際には、懐具合とよく相談し、慎重に使う必要があります。

check

最終更新日:2018/12/13